蛇稽古

ボールパイソンとレオパの繁殖で悩みつつ、島物のミズオオトカゲを愛でる人のブログ

マッドシステムの立ち上げについて

水槽の立ち上げから2週間経ちました。

 水槽との馴れ初めはこちら↓

www.hebigeiko.com

 

今日はマッドシステム立ち上げ時初期の事を書きたいと思います。

 

まず海水の濾過って難しく考えられがちですが、
淡水と同じで基本は"硝化"のサイクルです

 

有機物

アンモニア

亜硝酸塩

硝酸塩

 

淡水との大きな違いは硝酸塩の影響が比較的大きい事。
この硝酸塩とどう向き合うかというのが海水のキモだと私は思います。

 

アプローチとして一般的なのは"ベルリンシステム"。
上記サイクルに入る前の有機物をプロテインスキマーで濾し取り、
取りこぼし分が硝化サイクルを経て硝酸塩になる。
これを更にライブロック内の脱窒菌を利用し脱窒(≒無毒化)するもの。

デメリットはプロテインスキマーに有用な成分まで濾し取られてしまう事。

 

それに対して今回私が選択した方法は硝化サイクルを経てできた硝酸塩を、
①泥(ミラクルマッド )内の脱窒菌を利用し脱窒
②海藻を利用し吸収
するというもの。

プロテインスキマーが無いので当たり前ですが成分の減少がなく、

むしろ泥がバッファー剤のような役割を果たします。

飼育量によるとは思いますが、添加剤不要とまで謳われているくらいです。

 

ただ、夢のような仕組みのマッドシステムもあくまで机上の空論。
理論上の効果を出すには水槽より大きな濾過層が必要という話になれば現実的ではありません。
そこの閾値を見極めてみたいというのが今回の立ち上げの主な動機です。

(ホントは衝動買い)

 

で、水槽立ち上げをしたのですが、さっそく壁にぶち当たりました。
立ち上げ期間がとにかく長い。
一般的な立ち上げ手順を踏んだ後、生体を入れるまでにとにかく時間が掛かります。


硝化サイクルを担う好気バクテリアの定着については他システムと大差はない。
おそらく硝酸塩の除去を担う上記①②がボトルネックになっているのではと思います。

 

公式マニュアルの立ち上げ手順には初期段階で①②を設置するよう記述されています。
もしかすると硝酸塩の奪い合いが発生し、①の脱窒菌が定着しずらいのではないかと考えました。
公式マニュアルが一番安定して立ち上げられるという前提ですが、
海藻を入れるタイミングを遅らせ脱窒菌の定着を優先させれば時間短縮できるのでは?
もっと言えば硝化サイクルさえ整えば多少の生体なら海藻の能力で賄えるのでは?

 

思い立ったが吉日という事で最低限のバクテリア定着が済んだであろうタイミング(1週間経過時)でサンゴを入海させました。



f:id:KandaMorioka:20191020083540j:image

それから1週間経ちましたが、今の所は大丈夫、綺麗に咲いてくれてます。

水質は多少不安定ですが許容範囲、換水で対応しています。

泥内の脱窒菌が定着していない状態だと思われるので無茶な事はできませんが、

最低限の環境はできたかなと思います。

 

長くなりましたが、サンゴを入れた言い訳でした。